HOME >> ご挨拶
会長ご挨拶

2021~2022年度第32代会長を務めさせていただきます都築大介です。
 今年度1年間、皆様ご指導ご協力のほどよろしくお願い致します。

本年度のシェカール・メータRI会長はインドCalcutta-Mahanagarロータリークラブに所属されており、本年度のテーマに「SERVE TO CHANGE LIVES 奉仕しよう みんなの人生 を豊かにするために」を掲げられました。また「Each One Bring One みんなが一人を入会させよう」と呼びかけ、会員基盤の拡大にも力を入れています。これは挑戦に立ち向かうのがロータリアンだからです。人のために世話をし、奉仕することが最良の生き方。なぜなら、その経験を通じて誰かの人生だけでなく、自分の人生を豊かにできるのだからと説き、「もっと行動し、もっと成長する」ための意欲を喚起する役割がロータリアンにあるのだと強調されました。

国際ロータリー第2770地区松本輝夫ガバナーはCOVID19に負けずに「クラブに変化と成長を」という地区運営方針を掲げられました。コロナ禍という状況下で如何にしてクラブメンバーのやる気や意欲の維持を積極的なメールやライン等の非接触手段も活用して実践し、ロータリー活動を更に活性化する工夫とチャレンジを求めています。IT委員会またはIT担当の設置や危機管理委員会の設置等、時代の変化に対応したロータリー活 動を皆様と共に取り組んでいきます。

本年度のクラブターゲットは「手に手つないで ~助け合い、共に成長を~」とさせていただきました。前年から続く新型コロナウィルスの猛威により、世界経済活動における影響は大きく、困難な状況が続いていますが、ロータリアンとして一人一人がリーダーシップを発揮して、それぞれが出来ることを実践し続けることで会員同士、また地域経済への一助となると確信しております。当クラブで大切にしてきた考え方を通じて、変えてはいけないものと時代に合わせて変わらなければならないものを意識して、ロータリアンで良かったと実感できるロータリー活動を実践していきましょう!

logo